テレセラピー装置

■宝石光線遠隔療法〜テレセラピー装置

テレセラピー研究会より発売のCOSMOVのご案内
人間は体・心・魂からなるエネルギー体です。 エネルギーのどこにも滞りがなく、1つの身体としてバランスがとれているとき健康状態にあると言えます。西洋医学では主に外側の体を中心に治療し、東洋医学では体に心を含めて気の流れをよくすることに重点をおきます。
宝石光線遠隔療法は、身体の奥深いところにある潜在意識、魂に働きかけて内側からエネルギーの流れを整えていく療法です。単独でも効果がありますが、従来の治療法と併用すると高い相乗効果が得られます。
宝石光線遠隔療法はおよそ百年前、インドの高名な医学者・哲学者であるベノイトシュ・バッタチャリア博士(1887〜1964)によって開発されました。 地球上に存在するあらゆる生物は、光のエネルギーを必要としています。その光のエネルギーに過不足が生じると、健全な生命活動ができなくなりやがて病気と呼ばれる状態になります。それを宝石による光のエネルギーで適正に補正し、本来の状態に甦らそうとするのが原理です。 宝石のパワーを振動との照射によって取り出し、写真を介して治療する遠隔療法です。テレセラピーは天然の宝石を使って遠隔的に調和のとれた身体へと回復させる療法です。

テレセラピー装置

【機能】
○赤外線、赤、橙、黄、緑、青、藍、紫、紫外線の9色をLED発光
○オート、ランダム、高速発光の3タイプ切り替え
○大型ゼロコイルによるゼロ磁場発生
○波長域の異なる白色LDE
○宝石はナヴァラトナの配列+3mmルース付き
○シューマン波3タイプの切替
○その他、特殊技術開発による機能を搭載

付属品

○テレセラピー装置COSMOV [価格216,000円(税込)送料無料]

⇒宝石光線遠隔療法で身体を内側から変える(堀田忠弘医学博士)
⇒テレセラピー機器体験談集


⇒お問い合わせ
⇒ご注文はこちらから

日本惑星宝石学会について

こちらをご覧下さい。

プライバシーポリシー

こちらをご覧下さい。

惑星宝石学の定義

惑星宝石学とはインドに伝わるヴェーダの知識に基づいて、人と惑星と宝石の関係を知り、宇宙の本質や生き方を追求する学問です。


information

日本惑星宝石学会
本部:埼玉県さいたま市大宮区大門町3-50-302 TEL:048-782-7494
FAX:048-782-7495
メールinfo@pg-s.jp

宝石光線を体感できる店



宝石光線受信装置



宝石光線受信ブレス



BLOG



外部リンク