現代天文学が地学、あるいは物理学の一分野として位置づけられているの対し、惑星宝石学は哲学、宗教、医学を含めた総合的な視点で人と宇宙をつなぐ知識です。「宝石光線療法」「惑星数智学」「チャクラジュエルセラピー」「インド占星術」の四大柱を含み、身体だけではなく精神や霊性までも含めた人間の全体性からの癒しをとらえていくホリスティックな思想を基軸としています。

■定義

惑星宝石学とはインドに伝わるヴェーダの知識に基づいて、人と惑星と宝石の関係を知り、宇宙の本質や生き方を探求する学問です。 昨今のパワーストーン類の流行によって語られる宝石の効用は、東西のさまざまな文明の呪術や伝承、さらには個人のインスピレーションによるものなどで、その情報は錯綜しています。私たちが真に古代の叡知からの恩恵を享受するためには、伝承の借用ではなく、本質を貫く知識を理解し、これらの錯綜した情報を統合、再構築することが重要です。惑星宝石学は、インドに伝わるヴェーダの五大思想を基軸に定め、哲学、宗教、医学を含めた総合的な視点で人と宇宙を探求する叡知の世界を源泉としています。


■基本理論

この宇宙は空・風・火・水・地の五大要素で成り立っています。その中の根本である空は数と振動の世界です。すべてのものは固有の振動数を持っています。その振動は数に置き換えることが出来ます。したがって数字には個体の情報が内包されているのです。そしてヴェーダでは森羅万象すべて九つの数字に集約できると考えました。この九つの数字は、九つの惑星と九つの宝石に対応しています。これが「惑星宝石学」の基礎理論です。


■惑星と輪廻

惑星にはそれぞれ異なったエネルギーがあり常にそれを放射しています。そのエネルギーは惑星の位置により常に変化しています。地球上すべての生命はこのエネルギーを受け取り存在の原動力としています。新しく誕生した生命はこの異なるエネルギーのどれかを受信することで、前世のカルマの種を発芽させ、今世の個性を決定づけられます。人は前世の情報を元に今世の目的を定め、その目的を達成するため最も効果的な環境を選択し、生まれてきます。惑星からのエネルギーは人生の環境を決定します。つまり人は目的実現に有効な惑星のエネルギーをみずから選択して生まれてくるのです。


■惑星と宝石

宝石は数千万年から数億年の歳月を経て、宇宙から降り注ぐ光線と地球のマグマのエネルギーにより結晶化したものです。古代インドのリシ(覚者)たちは、宝石から発せられる光のエネルギーが惑星から降り注ぐ惑星のエネルギーと同じものであると知っていました。地球は大宇宙に照応する小宇宙として存在しています。宝石も大宇宙の要素に照応した小宇宙に他ならないのです。惑星と宝石には計り知れない相関関係が認められます。


■惑星と運命

人は前世のカルマに従って生きるために生まれてきます。しかし今世の行動によって、そこで繰り広げられる人生のクオリティは大きな影響を受けます。人は惑星のエネルギーの影響を受けて生きていますが、上手にそのエネルギーを取り込めなかったり、過剰に取り込んでしまったりすることがあります。人生に影響を与え続ける惑星のエネルギーを正しく受け取る方法を知ればクオリティの高い人生を享受することが可能です。 惑星のエネルギーを正しく受け取るためには様々な方法があります。たとえばハタ・ヨーガや瞑想などによって心身を強化する方法や、ヤッギャのような儀式もその方法のひとつです。しかし、特別な鍛錬や特殊能力に依存することなく、誰でも簡単にできて最も効果的な方法が宝石を使用することです。
惑星宝石学会では「惑星数智学」の中で、タリスマン(護符)としての宝石の使い方を、心身のアンバランスを修正するための活用方法として「宝石光線療法」を紹介しています。

惑星と人の運命

日本惑星宝石学会について

こちらをご覧下さい。

プライバシーポリシー

こちらをご覧下さい。

惑星宝石学の定義

惑星宝石学とはインドに伝わるヴェーダの知識に基づいて、人と惑星と宝石の関係を知り、宇宙の本質や生き方を追求する学問です。


information

日本惑星宝石学会
本部:埼玉県さいたま市大宮区大門町3-50-302 TEL:048-782-7494
FAX:048-782-7495
メールinfo@pg-s.jp


沖縄支部:沖縄県那覇市牧志2-2-20
TEL/FAX:098-860-8424



外部リンク